包茎の種類と特徴

包茎の種類と特徴

男性器に皮が被ってしまっている状態にあることを包茎と呼びます。
このような症状は、意外と多くの男性に生じており誰にも言えないお悩みとなっています。
対策としては、手術や専用アイテムを用いて解決するという事が一般的です。

包茎と一口に言っても、男性器に皮が被っているという状態のみならず仮性や真性、カントンの3種類があります。

名称が異なるように各々が異なる症状で手術の内容も大きく変化します。
そのため、実際に手術を受ける際には予め自分がどのような状態にあるのかということを理解しておくことが求められます。

包茎の中でも特に多いのが仮性です。
仮性の場合は、手術を行わなくても大きな問題が無いという特徴があるものの、コンプレックスになってしまう場合が多いです。
こうした事から手術を行う際には、コンプレックスの解消という理由が最も多いです。

しかし、費用が相場よりも安価過ぎるクリニックで施術すると皮を切りすぎてしまったことで出血するようになったり、感覚が鈍くなってしまうという恐れがあるため、クリニックを選ぶ際には慎重になる必要があります。

真性とカントンは、仮性とは異なり皮が剥きにくかったり剥けないため手術が前提になります。

包茎手術・包茎治療を金沢市でするならココがお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ