包茎手術の流れ

包茎手術の流れ

包茎の手術の流れはカウンセリングを受けて費用や日程を決めた後は基礎麻酔をして、時間を置いてから深部冷却麻酔をすることで麻酔効果を高めます。
包茎の手術をする場合は非常に敏感な部位を切開するので、深部冷却麻酔をしてからさらに麻酔をしてから切開を始めます。美しい仕上がりを実現するためには切除線を亀頭から3ミリ程度の部分に設定をして、傷跡がきれいに隠れるように施術をします。

健康保険が適用される手術の場合は金額が2万円程度と安いのですが、切開をした傷口がペニスの背面に大きく残ってしまうので、基本的には包茎のお悩みを解決するために自由診療で治療が行われます。

時間は約1時間なのですが、傷口が完璧に塞がるまでは入浴などができないので、普段と同じ日常生活をするためには最低でも1ヶ月程度かかります。またパートナーとのセックスは女性器に挿入をするので感染症のリスクが高まるので、医師の判断で決定されます。一般的には1ヶ月程度で完治するので、その期間が経過したら自由に運動やセックスをすることができます。

大切なのは医師のテクニックで、これは口コミだけではなく実績や設備などを調査しなければわからないので、カウンセリングのときにしっかりと確認をする必要があります。

包茎手術・包茎治療を金沢市でするならココがお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ