包茎で起こる障害

包茎で起こる障害

包茎には状態によって、仮性、真性、カントンといった種類があります。
このうち見た目以外の障害が起こりやすいのが真性、カントン包茎の二種類です。

どちらも包皮の先が狭く、亀頭を露出出来ない状態であるため、不衛生となりやすく亀頭炎や包皮炎などを引き起こしやすくなるほか、排尿に支障が出てくる可能性もあります。

またカントン包茎の場合は、無理に亀頭を露出することによって陰茎の先端が締め付けられ、循環障害を引き起こすこともあり、これを放置すると陰茎が壊死してしまうというリスクも出てきます

このように包茎で起こる障害は、性器の機能を損なう重大な事態を招きかねませんので放置をしておくことは危険です。

また仮性の場合でも、見た目のコンプレックスから性行為に自信が持てずにEDになってしまうというケースも珍しくありません。
ですので、こうしたお悩みを抱いているのであれば、1人で抱えてこんでしまわずに、なるべく早く医師の元へ相談に行き、包茎の程度などから最も適切となる治療を受けることが望ましいといえます。

基本的に真性やカントンの場合は、成人してしまうと自然に改善するということはありませんので早めに治療を受けてお悩みを解消するようにしましょう。

包茎手術・包茎治療を金沢市でするならココがお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ